チャットレディと扶養控除の悩ましい相関関係

チャットレディと扶養控除の悩ましい相関関係 働き方

チャットレディと扶養控除の悩ましい関係

チャットレディにとって、扶養控除は非常に悩ましく、かつ、注意しなければいけない問題です。

なぜなら、扶養控除は自分が恩恵を受けているのではなく、親や旦那が自分を扶養対象とすることで、税金を安くしたりしているからです。
また、会社によっては、扶養対象の子供や奥さんがいることで、扶養手当をもらえることもあります。

扶養控除の対象から外れることで、これらの恩恵が全てなくなります。
税金も健康保険、そして会社の手当も、過去に遡って返還を求められるので、大打撃です。
しかも、自分の収入がチャットレディで多くなったことが原因なので、単にバレる以上の大問題に発展します。

目次
  1. 税金面の扶養控除は条件が厳しい
  2. チャットレディが扶養控除の対象にならないとどうなるのか
  3. チャットレディを扶養控除の対象にするコツ
  4. チャットレディは扶養対象の基準に気を付けよう

税金面の扶養控除は条件が厳しい

税金面の扶養控除は、条件が厳しいです。
昔は、扶養される人所得金額が38万円まででしたが、現在は48万円と多少緩和されています。
それでも、1か月4万円以上の収入があれば、扶養控除の条件から外れてしまうのです。

居酒屋などのアルバイトであれば、もっと稼いでも問題はありません。
給与所得として優遇されているからです。

しかし、チャットレディの仕事は、税金の計算では、事業所得か雑所得とされます。
自営業の人が確定申告で、青色申告や白色申告という話していることを聞いたことがあるかもしれません。

チャットレディの仕事は、副業であっても、確定申告が必要です。
事業所得も雑所得も、給料所得のように優遇されていません。

チャットレディの場合は、経費の領収書がないので収入がそのまま所得金額となってしまうのです。

保険の扶養対象はちょっと緩め

これに対し、健康保険や社会保険の扶養対象は、もう少し条件が緩いです。
1年間の収入が130万円以下なら、健康保険社会保険扶養対象となることができます。
1か月10万円を少し超えても基準を満たすので、売れっ子チャットレディでも条件をクリアするかもしれません。

親や旦那が扶養手当をもらっている場合は要注意

親や旦那が大きな会社に勤めていると、会社から扶養手当をもらっているかもしれません。
扶養手当をもらえる基準は、会社の健康保険と同じことが多いです。
ただ、必ずそうとも言えないので、親や旦那に聞いてみた方が良いでしょう。

内緒でチャットレディをしている場合はバレかねない

チャットレディをしている女性は、親や旦那に内緒でしていることが多いでしょう。

しかし、収入が多いことがバレるのは、お金をもらった何年か後になってからです。
バレると「どうしてそんなに収入が多いんだ」と問い詰められるでしょう。
そこでチャットレディをしていたことがバレてしまうのです。

こんな悲劇にならないように気を付けなければいけません。

チャットレディが扶養控除の対象にならないとどうなるのか

では、どうして収入が多いことがバレるのでしょうか。

チャットレディをした収入は、確定申告をしなければいけません。
つまり、税務署に、確定申告書を提出する必要があります。
もっとも、主婦や学生が、副業でチャットレディをしている所得税や住民税の申告方法は簡単です。
税理士などに依頼する必要はありません。

最も、このデータは、税務署だけでなく、住んでいる市役所などにも送られます。
市役所などでは家族ごとにデータをまとめているので、扶養対象にならない人は、チェックされるのです。

扶養対象にならない人を扶養の対象にしていると、大打撃です。
税金の支払だけでなく、社会保険を使った医療費や、会社の扶養手当の返還を求められます。
この資金調達だけでも大変でしょう。

役所から親や旦那の会社に連絡されるかも

税務署や市役所では、扶養控除の対象になっているかどうかのチェックをしています。
チェックに引っ掛かると、「どうなっていますか」と連絡をすることもあるようです。

始末が悪いことに、連絡が来るのは自分ではなく、親や旦那が勤めている会社にされます。
なぜなら、扶養控除の対象にしているのが、親や旦那だからです。

「じゃあ、最初から申告しなきゃいいじゃないか」と思われるかもしれません。
しかし、チャットレディの事務所の中には、女性が申告しているかどうかチェックしていることがあります。

事務所が契約している税理士にチャットレディの申告を依頼していることもある程です。
チャットレディの事務所に、税務署の調査が入ることがあります。
その時に、無用のトラブルを防ぎたいため、チャットレディに対して、確実に申告をさせているのです。

また、そのような「おせっかい」な事務所でなくても、何らかのきっかけで、申告していないことがバレる可能性があります。
この時は、自分も税金の支払などで、余分な支出が発生するでしょう。
また、そのデータは市役所などにも届くので、親や旦那にも影響します。
大変なことになることは間違いありません。

会社から手当をもらっていると手当の返還を求められる

親や旦那が会社から扶養手当をもらっていて、後で基準に該当していないことがわかると厄介なことになります。

単に手当の返還だけでなく、社内の処分を受けることがあるためです。
これが理由で、社内の降格処分を受けることもあります。

健康保険に該当しないと過去の医療費を返還させられる

親や旦那の健康保険で扶養の対象になっていると、お医者さんなどで保険を使うこともあるでしょう。

今は自分が3割、保険で7割という負担割合ですが、扶養対象にならないとバレると、過去の医療費を返還させられます。
過去何年分かはわかりませんが、自分が支払った医療費の倍以上を返す必要が生じるはずです。

かなりの打撃を受けるため要注意

このように扶養控除の対象になっていたにもかかわらず、収入が多いからと、控除ができなくなると大打撃です。
チャットレディの多くは、扶養控除になっていることは、意識していないかもしれません。

しかし、一つ間違うと大変なことになることは注意が必要です。

チャットレディを扶養控除の対象にするコツ

では、チャットレディが扶養控除の対象にするためには、どんなことに気を付ければいいのでしょうか。

副業OLなら年間20万未満が限度

チャットレディを副業としてやっているOLの方であれば、年間20万円未満なら、確定申告の必要がありません。
ただ、月間2万円以下しか稼げないことになります。

学生なら年間48万円が限度

学生の方がチャットレディをしているなら、年間48万円までOKです。
学生は勤労学生控除があるだろうと言われるかもしれませんが、扶養控除の条件は48万円と限定されています。

【参照:国税庁タックスアンサーNo1175】
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1175.htm

税金の限度をクリアしていれば問題なし

会社の健康保険や社会保険の扶養控除の条件は、税金の条件より緩いです。

また、会社の扶養手当も同様に税金の条件より緩くなっていることがほとんどでしょう。
そのため、税金の扶養控除が使えるのであれば問題はないはずです。

危ないと思ったら扶養対象から外してもらおう

このように、扶養控除の対象になると思い込んでいたのに、収入が多くてダメだったとなると、ダメージが大きくなります。
親や旦那に迷惑が掛かるだけでなく、チャットレディの仕事がバレてしまうでしょう。
このようなことは絶対避けたいはずです。

チャットレディをして収入が多くなりそうなら、早めに扶養対象から外してもらうことが大切です。
ただ、どうして収入が多くなるのかと聞かれると厄介ですね。

チャットレディの仕事を内緒にしているなら、アリバイ会社などで源泉徴収票を発行してもらい、扶養の対象にならないと言えばいいでしょう。
これで親や旦那は誤魔化せるでしょう。

扶養対象から外す場合は、所得証明書や収入証明書の提出は、求められません。
新しく対象にする際はいろいろと面倒ですが、対象から外す際は会社の負担が軽くなるからです。
こうすることで、チャットレディをしていることがバレる悲劇を防ぐことができます。

チャットレディは扶養対象の基準に気を付けよう

チャットレディはOLや家庭の主婦であることが多いでしょう。
親や旦那の扶養家族になっていることも少なくありません。

扶養控除は税金のみならず、健康保険などの社会保険にも影響します。
そのため、チャットレディの収入が多いため扶養控除の対象にならないとバレると大変なことです。
チャットレディの仕事は内緒にしているでしょうから、家庭不和などが勃発することは、避けられないでしょう。

このような問題が起きないように、収入が多くなりそうであれば、事前に対策をすることが大切です。
優良なチャットレディの事務所ならこのような問題にも対処してくれます。
チャットレディの事務所選びは、収入や登録サイトのみならず、こんなサポートをしてくれる事務所を選びたいですね。