チャットレディの確定申告は副業チャトレにも必要?

チャットレディの確定申告は副業チャトレにも必要? 税金

チャットレディは確定申告が副業でも必要かも?

チャットレディの方の中には、予想以上に人気が出て、収入が多くなった人も、中にはいるでしょう。
本業である会社の給与より収入が多くなり、親の扶養を外れた人もいるかもしれません。

しかし、副業としてチャットレディをしている人の全てが、確定申告を必要としているわけではありません。
給与所得だけのOLさんなら所得金額、つまり収入から経費を引いた金額が20万円以下なら、確定申告はいりません。

もし、それ以上の所得額があれば、給与所得の源泉徴収票と共に、チャットレディの所得を合算して申告する必要があります。

目次
  1. 還付申告をしたら必ず必要
  2. チャットレディの確定申告で副業がバレるかも
  3. チャットレディの確定申告は副業でも有利にできる
  4. チャットレディの確定申告は副業であっても必要かもしれません

還付申告をしたら必ず必要

所得金額が20万円以下の方は、副業があっても申告はいりません。
正確に言えば、給与収入が年収2,000万円を超える会社員の方は、20万円以下でも申告の必要があります。
もっとも、そのようなOLさんは少ないでしょう。

しかし、医療費控除などで確定申告をした場合は、副業の所得も同時に申告する必要があります。

医療費控除を受ける必要がある場合には、所得の申告を怠らないようにしましょう。

所得が20万円を超えたら必要

副業であっても、所得金額一年間20万円を超えたら、申告の必要があります。
一ヶ月換算なら、2万円弱で年間20万円です。
意外と申告の必要があるチャットレディは、多いのではないでしょうか?

特に、チャットレディを始めてすぐは新人なので、男性からの指名も多くなりがちです。
思った以上の高収入に、大喜びすることもあるかもしれません。
しかし、その収入で20万円を超えることは、十分あり得ます。

毎月の収入が2万を超えたら要注意

チャットレディの収入が毎月2万円を超えている場合は、一年間に所得税額が20万円を超える可能性があります。
一ヶ月2万円という数字を一つの目安として、申告が必要かどうかを判断するといいでしょう。

なお、大学生の方で親の扶養家族となっている場合は、一ヶ月3万円が一つの目安です。
親に内緒でチャットレディの仕事をしている場合が多いでしょうから、注意が必要です。

事務所に相談してみよう

もし、自分の所得金額で確定申告が必要か、又は扶養家族となることができるかどうかという点に不安があれば、事務所に相談してみましょう。
しっかりした事務所であれば、事務所と契約している税理士さんに相談して、回答をもらってくれるはずです。

もっとも、確定申告の計算期間は1月から12月になります。
扶養家族などの判定も同じなので、早めの相談が大切です。
特に、扶養控除になるかどうかの判断は、12月初旬に親がしてしまうので、早めに行動を起こさないと、面倒なことになります。

チャットレディの確定申告で副業がバレるかも

チャットレディは、所得金額などによっては、確定申告が必要です。
ですが、厄介なことに、確定申告をすることで、チャットレディの副業がバレることが少なくありません。

バレる理由はいろいろあります。
確定申告の内容自体は、税務署からデータが漏れることはありません。
しかし、確定申告をすることによる影響は、自分が思っている以上に大きく、それが引き金になって、バレてしまうのです。

住民税の通知は勤め先の会社に届く

毎月の給料明細を見ると、住民税が徴収されています。
これは、自分が住んでいる市役所から勤め先に「この金額の住民税を徴収してください」と連絡があるからです。

通常は確定申告をすると、マイナンバーを使って市役所に通知がされます。
この時、住民税の金額が確定し、納税の義務が生じるのです。

しかし、給与所得の人だけは特別徴収という制度があり、勤め先に住民税の通知が届くようになります。
これは、チャットレディの申告を事業所得にしていても、雑所得にしていても変わりません。

会社が受け取る住民税の通知には、住民税の金額しか載っていません。
ですが、逆算すれば所得金額がわかります。
会社で支払った給料以上の住民税が載っていれば、副業があると一発でバレるのです。

確定申告で副業分は普通徴収にしてもらおう

特別徴収は、給与所得だけが原則です。
そのため、副業の事業所得や雑所得は、普通徴収にしてもらえば、この問題は解決します。
ただし、滞納するとすぐに特別徴収になってしまうので、市役所の納税窓口で納付してしまうことが必要です。

普通徴収にするためには、確定申告書の2枚目(第二表)に〇を付けるだけでOKです。
税金の支払を遅らせると、延滞税の支払や督促があります。
早めに支払った方が、面倒な事態を回避できるのです。

扶養控除の限度オーバーがバレる

チャットレディの所得を申告すると、そのデータはマイナンバーとともに市役所に送られます。
その目的は住民税の計算ですが、同時に家族単位で扶養控除が正しいかもチェックされています。

扶養控除は所得控除の一つですが、扶養対象にしている子供の所得により適用できるかどうかが決まります。
つまり、親に内緒でアルバイトをしていると、問題になりやすいのです。

チャットレディの仕事で年間48万円以上の所得があると扶養控除の対象から外れます。
OLの方は心配いりませんが、大学生のアルバイトでチャットレディをしているなら、扶養控除の限度額には気を使う必要があります。

毎月の収入が4万を超えたら親の扶養から外してもらおう

年間所得が48万円ということは、一ヶ月4万円です。
経費があるので収入だけでは判断できませんが、一ヶ月に4万円を超える収入があったら、親の扶養から外れて、好きなだけ稼ぐのも一つの手。

もし、チャットのことを親に内緒にしたまま高収入を稼ぎたいのであれば、親には「バイトが忙しくて一ヶ月の給料が増えた」と言えば、怪しまれないでしょう。

ちなみに、給与収入ベースでは、103万円が扶養控除の限度です。
バイトで9万円くらいもらっていると言っておけば、親にもバレにくいと思います。

チャットレディの確定申告は副業でも有利にできる

チャットレディの確定申告は、事業主として確定申告をすることになります。
つまり、事業所得か雑所得として申告するのです。
この場合、チャットレディの仕事に必要な支払をした領収書を集め、帳簿に記帳することで、必要経費とすることができます。

帳簿を作るとはいえ、紙にペン書きするような時代ではありません。
パソコンに入力するだけでOKです。

簿記の知識は将来役に立つ機会が多いので、これを機に、やってみることをおすすめします。

収入が多ければ青色申告に

もし、チャットレディの収入が思いのほか多ければ、事業所得として申告することになります。
この際、青色申告の届出をすれば、青色申告控除として最高65万円の控除を受けることもできます。

また、パソコンの購入費用は4年間で分割して経費処理することになります。
しかし、青色申告をしていれば、30万円未満という制限がありますが、買った年に全額必要経費にできます。
さらには、損失があっても、3年間繰り越しができるようなメリットもあるので、青色申告はおすすめです。

青色申告の主な条件は、帳簿を作る必要があるという事。
しかし、パソコンソフトの帳簿で楽に制作できるので、難しくはありません。

帳簿を作成してみよう

帳簿の作成は、経理ソフトを使えば簡単です。
一度やってみれば分かるでしょう。
経理ソフトには無料のソフトもありますが、有料ソフトは使いやすいですし、サポートもあるので、有料ソフトの方がおすすめです。

帳簿制作用のソフトは、家電量販店に行けばいくつも売られていると思いますが、確定申告書も同時に作ってくれる機能も付いたソフトを購入するのがおすすめです。
3万円程度で買えるのではないでしょうか。

簿記の知識は自分の財産になる

経理ソフトに収入や経費を入力していると、自然と簿記の知識が身に付きます。
簿記の知識は、検定試験などの資格がなくても役立つはずです。

現在、OLをしている方でも、大学生の方でも、将来仕事で簿記の知識が必要な場面に、遭遇するかもしれません。
そんな時に、経理ソフトを使っていた時の経験が、役立つ可能性もあるでしょう。
簿記の知識は、意外と重宝されます。
自分の財産にもなるので、一度トライすることをおすすめします。

有利な申告で税金の負担が軽減できる

チャットレディの申告は、事業所得であれば青色申告でより有利にできます。
また、雑所得であれば青色申告はできませんが、経費の集計をしっかりすることで、所得金額を抑えることができるので、税金の負担を減らすことができます。

もちろん事業所得の場合であっても、経費の集計をしっかりすることで、有利になることは言うまでありません。

チャットレディの確定申告は副業であっても必要かもしれません

チャットレディは副業であっても、確定申告が必要になることがあります。
一年間の収入から、経費を引いた金額が20万円を超えたら、申告をしなければいけません。
なお、確定申告が必要なのにしていないと、税務署から指摘を受けて申告を迫られる可能性があります。
親の扶養控除から外れたり、勤め先の会社に住民税の追徴を依頼されたりして、面倒なことになるでしょう。

副業であっても、チャットレディで確定申告をすべき人は、きちんと申告することが大切です。