チャットレディは年末調整で周囲にバレる?確定申告時の対策法

チャットレディは年末調整で周囲にバレる?確定申告時の対策法 税金

チャットレディは年末調整での周囲バレに注意!

会社に勤めていると、年末調整があります。
しかし、個人事業主であるチャットレディには、年末調整がありません。

副業や扶養の範囲内で働きたいと思っている人は、年末調整によって、チャットレディをしていることが周囲にバレてしまう可能性も……。

そのため、副業や扶養者の場合における、年末調整の対策方法について紹介します!

また、年末調整と同時によく耳にする「確定申告」。
確定申告と年末調整の違いは、きちんと理解しているでしょうか?
その違いについても、詳しく解説していきますよ!

目次
  1. チャットレディの確定申告と年末調整の違い
  2. 副業チャットレディの年末調整対策方法
  3. 扶養内チャットレディの年末調整対策方法
  4. チャットレディ代理店のサポートで年末調整の不安を解消

チャットレディの確定申告と年末調整の違い

チャットレディをするにあたって、「確定申告と年末調整について理解しておくこと」は大切だと言われています。
なぜなら、チャットレディは個人事業主として扱われるため、所得の管理を自身で行わなければいけないからです。

きちんと所得を管理しておかなければ、チャットレディをしていることが周囲にバレたり、最悪の場合では、脱税の疑いが掛かる可能性も。

安全・安心に働くためにも、重要な知識となってきますよ。

年末調整とは?

年末調整とは、会社が従業員の収めるべき税金を改めて計算し、実際に源泉徴収した分の金額と比較して、税金の過不足を調整するものです。

給与収入をもらっている勤め先でのみ行われます。
いくつかの会社から給与収入を受け取っている人は、収入金額が最も大きい会社でのみ、年末調整を行うのが基本です。

しかし、チャットレディの収入は、報酬として受け取ります。
給与所得ではないため、報酬からは税金が源泉徴収されていないので、チャットレディには年末調整がありません。

確定申告とは?

確定申告とは、1年間の所得と、それに掛かる税金を自分で計算し、申告・納税をすることです。
申告した所得の金額によって、納めるべき住民税・所得税額が確定します。

一般的に、会社員は毎月の給与から税金が源泉徴収されており、会社が年末調整をしてくれているので、確定申告をする必要がありません。
それに対して、チャットレディで得た分の報酬からは、所得に対する税金が引かれていないので、確定申告をする必要があります。

ただし、確定申告が必要になるのは、所得金額が20万円を超えた場合です。
確定申告をしたくない場合は、所得が20万円以下になるように働くことを意識しておきましょう。

副業チャットレディの年末調整対策方法

副業でチャットレディをしている人は、本業の会社の方で、年末調整が行われていると思います。
この年末調整の際に、副業をしていることが会社にバレてしまうことがあるのです。

年末調整では、源泉徴収した金額と、納めるべき税金に過不足がないかを調べられます。
その時、会社内の他の人よりも明らかに納税額が多かった場合には、「会社以外のところからも収入を得ている」ということになるのです。

会社にバレる対策をするためには、確定申告を行う必要があります。
確定申告書内にある、住民税の納付方法を選択する箇所で『普通徴収』を選択。
すると、チャットレディの報酬に対する税金を自分で納めるようできるので、会社には副業分の税金を知られずに済むのです。
しかし、『特別徴収』を選択してしまうと、本業の給与から天引きされてしまうので、記入うには注意してください。

副業チャットレディが確定申告をする時には、会社が発行する源泉徴収票が必要になります。
一般的には、会社で年末調整が終わってから発行されるので、12月の給与明細と一緒に手渡されることが多いです。
確定申告のために、大切に保存しておきましょう。

詳しい確定申告の方法はこちら!↓

扶養内チャットレディの年末調整対策方法

扶養に入っているチャットレディは、親や旦那の年末調整の際に、バレてしまうことがあります。
扶養控除・配偶者控除を親や旦那が申請しているにも関わらず、扶養に入っている人が一定額以上の収入を得ると、扶養の範囲を外れてしまいます。
すると、会社から控除申請の修正を求められることになり、家族に収入を得ていることがバレてしまうのです。

チャットレディをしていることを家族に知られないようにするには、扶養の範囲から外れないように働かなければいけません。
そのため、月の収入を計算しながら働き、所得の合計が38万円以下になるようにすると良いです。

もし、収入が38万円を超えてしまいそうな場合は、自分で確定申告を行い、所得金額を下げるという方法があります。
チャットレディの所得は、「事業所得」か「雑所得」です。
どちらも、所得から必要経費を差し引くことができるので、課税対象となる所得金額を38万円以内におさめることができますよ。

チャットレディの所得を抑えるには?

チャットレディで得た所得金額によっては、住民税が加算されたり、扶養から外れてしまう事態になります。
そうならないために、経費計上して所得を下げる以外に、所得金額を抑える方法がもう一つあります。
それは、個人事業主として開業し、青色申告控除を追加で受けることです。

チャットレディの報酬から、所得控除の青色申告控除(最大65万円)を差し引けば、所得金額をより抑えられるようになります。
この方法は、副業・扶養内のどちらの場合でも可能です。

ただし、青色申告控除を受けるには、白色申告ではなく、青色申告で確定申告を行うことになります。
青色申告は帳簿付けが難しいとよく言われますが、会計ソフトを活用したり、チャットレディ代理店でサポートを受けるようにすると、簡単にできますよ!

チャットレディ代理店のサポートで年末調整の不安を解消

副業や扶養に入っているチャットレディに、深く関わってくる年末調整。
毎年ある年末調整は、確定申告でバレ対策を確実に行っておきましょう。

しかし、「自分の今の状況でも対策可能なのか?」「所得を最大限に抑えられる方法を知りたい」という方も中にはいると思います。

より正確なアドバイスがほしい時には、Alice(アリス)のようなチャットレディ代理店に入るのがおすすめ!

アリスは、長年の実績があり、チャットレディのさまざまな働き方を見てきた代理店です。
副業の方や扶養内で働きたい人であっても、事務所スタッフがそれぞれの状況に合わせて、的確にアドバイスをしてくれます。

また、法人経営の社会的信用がある代理店なので、確定申告のサポートもしっかりしており、収入証明のための所得証明書も発行してくれますよ。
さらには、顧問税理士がおり、専門家の回答が得られるので、より安心して仕事ができますよ!