チャトレディは起業もできる!?開業届についても解説

チャトレディは起業もできる!?開業届についても解説 開業

チャットレディの起業家は意外と多い?

「チャットレディって、こんなに稼げるの!?」と、始めたばかりの女性は、驚かれるかもしれません。 女性の中には、手軽な副業やちょっとした小遣い程度と思っていたり、扶養の範囲内で稼ごうと思っていたにもかかわらず、「予想以上に、お金を稼ぎすぎてしまった!」と焦る方も多い様です。 チャットの仕事で、一定以上の収入を得る場合は、確定申告が必要になってしまいます。 扶養の範囲から外れるのであれば、いっそのこと所得控除を増やそうと、青色申告に変えようと思う方も、いるのではないでしょうか? しかし、青色申告するためには、開業届を提出して、起業をしないとなりません。 起業と聞いて、「なんだかハードルが高そう……」と不安を感じる方に、開業の仕方と、青色申告のコツについて大紹介! 簡単に効率的な方法をお伝えすると共に、起業以外の所得控除を増やす方法についても、解説します。

目次
  1. チャットレディが起業する方法|開業届と確定申告について
  2. チャットレディで起業するのは面倒だと思ったら?
  3. チャットレディが起業につまずいたらまずは代理店へ!

チャットレディが起業する方法|開業届と確定申告について

チャットレディの起業は、事前の資金調達が、必ず必要というわけではありません。 個人事業主として起業する際は、資金がなくても、開業することが可能です。 チャットレディとして起業して、翌年に青色申告をするまでの、簡単なステップを紹介します。

開業届を出す

開業する際に必要な開業届の作成は、かなり簡単です。 手続きをするために必要な、開業届の用紙を用意し、必要事項を記入して、税務署に提出するだけ! 開業届の入手方法は、税務署の窓口でもらうか、国税庁のサイトから、自分で開業届の用紙を印刷するかです。 記入事項は、住所・氏名・マイナンバーといった個人情報の他に、職業・所得の種類・開業日(必要であれば屋号)を記入します。 押印と、本人確認書類の提示、または添付を忘れないようにしましょう。 注意点としては、必ず控えの用紙にも、税務署の受領印を押してもらってください。 後々、資金調達が必要になった時や、事務所を契約する際に、事業の証明等に必要になる場面が出てきます。 その時のためにも、控えの用紙も印刷して、大切に保管しておきましょう。 同時に、「青色申告承認申請書」の提出も、忘れずに行ってください。 青色申告承認申請書を提出しておかないと、青色申告控除が受けられないので、要注意です。

エミリのポイント!

最も簡単に開業届を作成したい方は、クラウド会計ソフトの会社が提供する、開業届の無料作成サービスを利用するのがおすすめ! 選択肢に答えていくだけで、記入済みの開業届が印刷できるので、より簡単に書類を作成可能です。 加えて、「青色申告承認申請書」も一緒に作成してくれるので、必要書類の提出し忘れも防げますよ。

●開業届を出す時の注意点 開業した方が得をするかは、個人によって違います。 個人の状況によっては、開業せずに雑所得として申請したり、扶養の範囲内で働いた方が、所得税・住民税がかからずに済む場合もあります。 事業所得と認められる条件は、「独立・継続・反復して行われる仕事」であることです。 そのため開業は、チャットレディの仕事がビジネスとして、継続できる見込みがあると思った時に、する方がいいでしょう。 また、事業が継続できなくなった時は、廃業届を出す必要が出てきます。 廃業する時の手間も視野に入れた上で、吟味してみてください。

青色申告に向けて帳簿作成

青色申告は、複式簿記で記帳することで、青色申告控除の控除金額が上がります。 単式簿記であれば、青色申告控除の65万円の要件から外れてしまうため、注意が必要です。 複式簿記での帳簿は、難しいと思われがちですが、帳簿作成ソフトを利用することで、簡単に作成できます。 帳簿を作成する際は、経費に計上するものの領収書・レシートをきちんと保管しておきましょう。

申告書類を作成して青色申告

青色申告を行う人は、確定申告書の提出時には、青色申告決算書の作成も必要です。 経理ソフト・アプリを使って、帳簿の作成をしていた場合であれば、自動的に確定申告書の作成と同時に、青色申告決算書も作成してくれますよ。 確定申告書の詳しい書き方については、こちらの記事で紹介しています!

チャットレディで起業するのは面倒だと思ったら?

チャットレディとして起業したいと思っても、税金のことや法律のことがよく分からないと、不安に思う方は多いと思います。 特に、確定申告に関しては、ミスをするとペナルティがあることから、専門家に任せてしまいたいと考えるのではないでしょうか? 起業することを面倒に感じたら、個人事業主として起業するよりも、代理店に所属した方がお得かもしれません。 代理店で正社員として働くと、次のような利点があります。

給与所得控除が受けられるようになる
青色申告控除を利用した節税はできませんが、代理店の正社員チャットレディとして仕事をすると、給与所得控除が受けられるようになります。 給与所得控除は、個人事業主でいう経費です。 よって、別に経費を計上することはできなくなりますが、衣装や機材などのチャットで必要な出費がなければ、節税に役立ちます。 代理店で無料でレンタルできることがほとんどなので、実質は給与所得控除分、丸々節税として割り当てることが可能に。 青色申告控除の金額は、令和2年現在は最大で65万円ですが、給与所得控除の控除金額は、収入金額に応じて、控除額が大きくなる利点がありますよ。
年末調整が会社で受けられる
給与所得になると、毎月の給与から支払う分の税金金額分が、源泉徴収されるようになります。 源泉徴収されるということは、年末調整を会社で受けることが可能に。 自分で確定申告を行う必要が、全くなくなるのです。 チャットレディを正社員として続けることになれば、一般企業の会社員と同様に、代理店の総務部を頼ることが可能となります。 一般的に総務部では、社員の年末調整に必要な準備を進めてくれますが、ライブチャット代理店の総務部に関しても、その点は同じです。 総務のスタッフが動いてくれることで、個人での確定申告をスキップして、納税のための手続きを会社任せにすることが可能になるので、便利ですよ!
面倒な帳簿付が必要なくなる
個人で確定申告を行わないとなれば、経費計上を行う必要性も、一切なくなります。 節税効果の高い経費の計上ですが、実行するとなると、レシートを集めて複雑な帳簿付け作業が必要に……。 しかし、会社の正社員であれば、確定申告の代わりに、総務主導で年末調整を受けられるようになるので、経費のことを気にかけて生活する必要がなくなります。 結果、青色申告が面倒だと言われる所以である、複式簿記をする必要がなくなるというメリットを得ることができるのです!
正社員の方がクレジットカード・賃貸の審査を通過しやすい
ライブチャット代理店で、チャットレディを正社員として請け負えば、クレジットカードや賃貸の審査に通りやすいというメリットもあります。 代理店から支払われる報酬が、正社員雇用となることで、給与形式になるので、審査する側も「この人は、安定した収入をえているから、支払いに滞ることはないだろうな」と判断しやすくなるのです。 キャッシュレス化が進む今の時代、クレジットカードの所持は、ほぼ必須だと言えます。 買い物だけではなく、旅行をするにも便利な上、何かしらの契約時に必要になるケースも、無いとは言い切れません。 加えて、賃貸契約に関しても、定住することへのメリットが感じられにくくなっている現代、いずれ必ず付きまとう問題となるはずです。 今、学生生活のかたわらでチャットレディを続けている女の子は、特に、正社員として今後のチャットライフを設計するのもおすすめです。 将来への投資にもなりますよ!

チャットレディが起業につまずいたらまずは代理店へ!

チャットレディとして起業する際に、つまづいてしまったら、代理店に所属することを検討してみてもいいと思います。 一人で起業するよりも不安が減らせるというだけではなく、むしろ得をする部分が増えるケースも少なくありません。 法人経営をしている、チャットレディ代理店のAlice(アリス)であれば、確定申告のサポートが充実! 顧問税理士や経理担当のスタッフに、税金や所得控除についての相談ができます。

さらに、アリスは、正社員制度もある代理店です。 正社員チャットレディになって、給与として収入を得るようになれば、給与から税金分の金額が、源泉徴収されるようになります。 すると、年末調整を代理店で受けることができるようになるので、個人の状況によっては、確定申告を自分でする必要がなくなるのです。 それだけでなく、代理店が独自に用意している、高額ボーナス制度を受けることができたり、福利厚生が受けられるようになります。 自分の状況では、企業・正社員、どちらの方が得をするか? 考えてみて迷った時は、一度アリスの求人サイトから(電話・メール・LINEで)問い合わせて、正社員の待遇を参考にしながら、判断してみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA