元本業チャットレディが伝授!賃貸契約の審査を通過する方法

リスク

チャットレディの賃貸契約|要点を押さえて審査通過!

こんにちは!
過去5年チャットレディをしてきた、シングルマザーのエミリです☆

チャットレディの仕事に慣れ、安定した高収入が得られるようになってくると、使い道が広がってきますよね。
使い道の一つとして、より良い環境のマンションアパートへの引っ越しを考える人もいるのではないでしょうか?
繁華街に徒歩で行けるような物件や、広くて防音がしっかりした部屋を選ぶのも良いと思います。
中には、引っ越しをして部屋数を増やすなどして、チャット用の部屋を作る方も!

しかし、本業チャットレディが賃貸物件を借りる際、審査を通過できなかったという話は少なくありません。
チャットレディという仕事の認知度や信頼性の低さから、賃貸契約時に苦労するケースが多々あるのです。

そんな時のために、賃貸契約の審査を安心して通過できるテクニックをいくつかご紹介します!

目次
  1. チャットレディが賃貸契約する時の問題点
  2. チャットレディが審査通過するためのテクニック
  3. チャットレディが審査を簡単に通過する方法

 

チャットレディが賃貸契約する時の問題点

賃貸契約を結ぶ際には審査があります。
審査でチェックされるポイントとなるのは、「家賃の支払い能力」「連帯保証人」「人物像」です。

連帯保証人に関しては、身内に頼めるのであれば、ほぼ問題はありません。
しかし、家賃の支払い能力人物像に関しては、チャットレディの仕事の性質から、引っかかってしまうことがあります。

本業チャットレディが賃貸契約する時、審査に通過しにくくなる要因としては、

  • 収入の不安定さ
  • 職業のマイナーさ
  • 反社会的組織との繋がりの可能性

というものが挙げられます。

チャットレディは歩合制のお仕事であるため、毎月同じ額の収入が保証されていないと判断されやすいです。
職業がマイナーであることは、先々の収入が予測できないこともあり、長期の賃貸契約をためらわれる場合も。
また、女性の高収入の仕事という側面から、反社会的組織との繋がりを警戒される可能性も無いわけではありません。

賃貸契約・審査時の書類についての問題点

賃貸契約を行う際、提出書類に職業名を記載する箇所があります。
この欄の記入方法は、注意しなければいけません。
職業欄にチャットレディと書いた方の中には、「夜間の騒音が予想されるため」という理由で審査に落ちたというパターンもあるようです。

賃貸契約では、契約者本人と連帯保証人の収入証明書が必要です。
収入証明書は、『所得証明書』『課税証明書』『源泉徴収票』のことを指します。
この内、給与収入の人であれば、源泉徴収票を求められることが大半です。
チャットレディのように給与所得でない場合は、『確定申告書』を収入証明書として提出することを求められる場合が少なくありません。

収入証明書として提出する確定申告書は、第一表のみであれば良いのですが、第二表には会社名を記入する箇所があります。
記載された会社名によっては、仕事がチャットレディということが分かってしまうことも。
会社名から会社サイトを検索して仕事内容を知られ、審査時に良くない方向に反映されてしまうなんて場合も、全く無いとは言い切れません。

「収入証明書が必要だけど、確定申告書では審査が厳しいかもしれない」「昨年度は確定申告をしていない……」という方も中にはいると思います。
そんな時は、『課税証明書』でも収入証明書として利用可能か確認してみてください。
課税証明書の全項目証明を発行すれば、住民税の課税額だけでなく所得金額も記載されているので、不動産会社によっては収入証明書として認められます。
課税証明書の発行には手間が掛かるので、早い段階で不動産会社に確認しておきましょう。

 

チャットレディが審査通過するためのテクニック

本業チャットレディが賃貸契約を成立させるためには、どうしたら良いのでしょうか?
賃貸契約の審査でチェックされるポイントの中で、チャットレディが引っかかりやすい点「家賃の支払い能力」「人物像」という点です。

「人物像」というのは、不動産会社から見て『大家さんに安心して紹介できる人物か』ということ。
なので、不動産会社に初めて足を運んだ時から、チェックされていると言っても過言ではありません。
判断材料としては、外見や会話から、社会的常識があるかを判断することが多いので、

  • 派手じゃないメイクや服装
  • きちんとした態度
  • 丁寧な言葉遣い

などを気をつけておくと良いでしょう。
散財や浪費をしてしまう可能性がある人と思われないように、ブランド品やアクセサリーも控えておくと、より一層好印象です。
不動産会社を訪ねる時には、「この人なら大丈夫」と信頼してもらえるかを意識して準備・行動をすると良いと思いますよ。

人物像のポイントをクリアできたら、いよいよ残るは「家賃の支払い能力」という点です。
ここからは、歩合制の仕事で示唆される『収入が不安定』という点をカバーしていくテクニックについて、紹介していこうと思います。

会社経営している友人に頼んで口裏を合わせてもらう

会社経営をしている友人に頼んで、『在職証明書』を作ってもらうという方法です。
友人の会社で働いていることにしておけば、チャットレディをしていることが不動産会社に知られることはありません。
さらに会社に勤めているとなれば、収入が安定していると判断されやすいです。

ただし、この方法は、会社経営をしている友人を探すというハードルがあります。
企業規模によっては、友人の会社にリスクを背負わせてしまうことも。
審査の際には、在職確認のために会社に電話を掛ける場合もあるので、事前に話をしておく必要もでてきます。

また、入居審査で虚偽の申告をすることは『賃貸契約違反』となることも。
強制退去と言った、大きなリスクが伴うことを理解しておいてください。
リスクを確実に回避しておきたいのであれば、あらかじめアルバイトとして雇用してもらう方法を取ると良いでしょう。

職業欄を工夫する

職業欄に「チャットレディ」とは書かず、「フリーランス」や「個人事業主」という書き方をする方法です。
書き方を変えただけで、チャットレディと書く時よりも審査に通りやすくなります。
もちろん、チャットレディは業務委託での仕事なので、嘘をついているわけではありません。

説明を求められた時には、『在宅でパソコンを使った仕事』と言うように、大まかに伝えておくと良いでしょう。
現在では、フリーランス・個人事業という働き方をする人が、増えてきました。
中でも、パソコンを使った在宅の仕事は多いです。
そのため、仕事を特定されてにくくなり、チャットレディから連想される悪い印象や、仕事のマイナーさをカバーできますよ。

賃貸保証会社を利用する

賃貸保証会社とは、入居者が家賃を払えなくなった時、入居者の代わりに家賃を立て替えて支払う会社のことです
賃貸保証会社を利用すると、入居審査が通りやすくなると言われています。
なぜなら、大家さんや管理会社にとって、安心して物件を貸し出しやすくなる利点が多いからです。
入居者が家賃滞納した時でも家賃収入が保証されたり、滞納した家賃を保証会社が代行して回収してくれるなど。

ただし、賃貸会社に支払う保証料が、毎月の家賃の30%~100%が毎年掛かります。
また、家を借りる側が賃貸保証会社を選べない場合も。
過去に同じ賃貸保証会社を利用して家賃の滞納をした経験がある方は、審査に通らない可能性があるため注意が必要です。

ナイトワークに強い不動産会社で物件を探す

キャバクラやガールズバーといったナイトワークの仕事も、チャットレディと同様に賃貸契約が難しいと言われています。
ナイトワークの仕事も、収入が不安定という点が要因として大きいようです。

そんなナイトワークの人を専門に、物件を紹介している不動産会社があります。
収入が不安定な人でも契約可能になる物件を集めていたり、契約しやすくなるコツや条件を把握していたりと、専門的なサポートが豊富です。

ただし、通常より契約できる物件が限られてしまったり、契約成立しやすくするために、通常よりも初期費用が増すことも少なくありません。
金額が増しても確実に契約したいと思う方にとっては、おすすめの方法と言えます。

チャットレディ代理店を活用する

大手のチャットレディ代理店では、アリバイ会社を持っていることが多いです。
アリバイ会社に勤めれば、チャットレディであることを知られること無く、在職証明書を提出できます。
会社員勤務となるので、安定した収入があると不動産会社に証明することが可能です。

また、チャットレディ代理店を活用すれば、確定申告の「収入を得ている会社名」の部分に代理店の運営会社の名前を使うこともできます。
運営会社の事業内容には、インターネット関連事業やプロダクション業務というように記載されているので、チャットレディだとはわかりません。

さらには、賃貸契約時の審査通過方法について、より多くのアドバイスがもらえることも。
代理店のスタッフはチャットレディに関することの専門家であり、賃貸契約の仕方についても幅広い知識を持っています。
一人一人の状況に合わせて、的確に回答をくれるでしょう。

 

チャットレディが審査を簡単に通過する方法

賃貸契約の審査を通過するテクニックの中で、チャットレディ代理店を活用する方法が最も簡単に審査を通過する方法だと思います。
なぜなら、少ないリスクで安定した収入を示せることに加え、事情をよく理解してくれているため、口裏を合わせると言ったことをせずに済むからです。

とは言っても、活用する代理店は慎重に選ぶ必要があります。
大手であってもアリバイ対策を重視してない会社であれば、アリバイ会社を持っていない場合もあるからです。
また、在職証明書が発行できなかったり、アドバイスが的確でなく、審査に何度も引っかかってしまうということも。

私がチャットレディをしてきた中では、大手代理店の中でもAlice(アリス)が一番おすすめです。

アリバイ対策が充実していますし、多くのチャットレディをサポートしてきた実績から、個人の状況に合わせた的確なアドバイスがもらえます。
迷ってしまった時には、一度相談に行ってみてはいかかでしょうか?^^