高額求人チャットレディを失業保険を受給しながらやってみたら?

働き方

チャットレディ報酬と失業保険の両方を受給できるの?

昨今、社会問題として「ワーキングプア」問題が囁かれます。
本業とする仕事で得られる収入が低く、本来の所得金額だけでは生活がままならないため、別口の収入源を求める人の数が、都心部を中心に年々増加しているのです。

そういった背景も影響して、副業アルバイトとして「チャットレディ」の仕事への関心や需要が高まっている現状ですが、チャットの仕事は短期間で高収入稼げるため、失業時のつなぎとしても最適!
となると、気になるのが「失業保険を受給しながら、チャットで高収入稼ぐことは可能なのか?」という点です。

そこで今回は、チャットレディと失業保険の関係に関するひとつの回答をご紹介したいと思います。

目次
  1. チャットレディの仕事は失業保険がもらえるの?
  2. 失業保険受給期間にチャットレディで稼ぐのは有り?
  3. チャットレディを始めるなら失業保険に対応した代理店を選ぶと吉!

 

チャットレディの仕事は失業保険がもらえるの?

保険金との両立を解説する前に、まず、チャットレディの仕事について解説しましょう。

チャットレディとは、基本的に「個人事業主」として取り組む仕事です。
その日稼いだ金額を全額、その日のうちに受け取ることができるというメリットがある反面、保険や所得税などを自分で納める手間がかかります。
また、確定申告の手間問題以外にも、保険や年金といった制度に加入できないといったデメリットも……。
代理店によっては、これら福利厚生を受けられるように、社内制度が整えられているところも存在します。
ですが通常、雇用スタイルをとらないチャットレディの業務において、一般的には福利厚生に含まれる「失業保険」に関しても、受給できるようにはなっていません。

ですので、チャットレディをやってみようと思っている方は、チャットの仕事を退職するとき、失業保険の給付が受けられないという点に注意しましょう。
就業期間に関わらず、制度として保証されていないことが一般的ですので、そういうものだと考えておいてください。
しかし、デメリットだけではなく、取っ払いで報酬を全額手渡しにてもらえるという点においては十分なメリットがあるため、どちらに魅力を感じるかで働き方を考えてみるといいのではないでしょうか!

 

失業保険受給期間にチャットレディで稼ぐのは有り?

先程は、「チャットレディの職を失った場合の、失業保険受給制度」について解説しましたが、今度は一転して「失業保険受給期間中にチャットレディの仕事で稼ぐのは有りか無しか?」という点について説明したいと思います。

会社に正社員として勤めている方の大半は、給与制度によって報酬を受け取られていることでしょう。
「給与」とは、あらかじめ所得税や住民税・社会保険料などを差し引いた金額を指しますが、この中に雇用保険も含まれているため、離職したときに状況に応じて国から失業保険を受け取ることができます。

失業保険は、離職したことを公的機関に申告することで受給できるようになりますが、勤めていた会社を自己都合で退社したか会社都合だったかによって、給付制限期間の有無や基本手当の給付額(基本手当日額)に差が生じます。
そのため申請後、受給額だけで生活がままならなくなったり、給付制限が解除される前の待機期間中に生活費が底を尽き始めたとき「何とか別の手段で収入を得たい!」という考えに至るのは、ごく自然な流れです。

こんなときこそ、短期間で効率良く稼げる高収入求人が、非常に魅力的に目に映るもの……。
職を失った背景から、失業時のシチュエーションとの親和性がとても高いチャットレディの仕事に飛び込んでくる女性も、少なくはありません。

ですが、ここに落とし穴があります……。

失業保険受給期間中のチャットレディは不正受給の対象に!

失業保険とは、「突然、職を失ったことで絶たれた収入源を、給付金にて支援する」という国の制度になります。
当然ながら、何らかの収入を得ている状態で失業保険を受け取ること「不正受給」となり、法律違反となるので注意しましょう。

しかし、チャットレディの仕事は、個人事業主として請け負う形態が採られており、基本的に、その日稼いだお金を現金手渡しにてもらう「日払い制」が導入されています。
ですので、おそらくですが……失業保険の受給期間中にチャットで収入を得たところで、あなた自身が秘密にしておけば、公的機関にバレてしまうことはないかもしれません……。

ですが、ダメなものはダメ!
ルールを守って、安全にチャットで高収入稼ぎましょう!

エミリのポイント!

ついでに説明すると、「生活保護受給者」の方の場合も同様に、チャットで収入を得てしまうと不正受給の対象となります。
また、親や家族の扶養に入っている方も、チャットで得る金額が一定を超えることで、扶養内に留まることができなくなってしまいますので、ご注意ください。

失業保険受給中や待機期間中にチャットで収入を得た場合、保険の給付はストップしてしまいますが、自営業を開始した旨を申請することで「就業手当」をもらうことができる場合もあるので、有効活用してみてくださいね!

 

チャットレディを始めるなら失業保険に対応した代理店を選ぶと吉!

色々と制限やデメリットを解説してきましたが、それを一瞬で吹き飛ばす程の高収入を得ることができるのが、チャットレディという仕事の最大の魅力でもあります!
細かい制度を気にせず、チャットで大きく稼いでしまえば、それはそれで「幸せを掴むことができる!」ということを忘れないでください♪

また、チャットレディを個人事業主としてではなく、正社員として取り組むことができる代理店を選ぶこともおすすめです!
アリスを始めとする「福利厚生のしっかりした社員制度を導入している代理店」でチャットデビューすることで、もし退職することになったとしても、一般会社員同様に失業保険を受け取る資格を得ることができるケースもあります。

会社の制度に関しては、面接の時にしっかり問い合わせて、自分が納得できる代理店に登録してみてくださいね!